Think! Think! Think!

マーケティング&PR力を強化する”1分ビブリオバトル”


T3のあんじー(安西)です。

7月の定例会は各自がイチオシの本を紹介する1分ビブリオバトル。

自分がまったく知らなかったような本に出逢える面白さにだけでなく、ターゲットに刺さる本を選び(=マーケティング)、短い時間でターゲットの心を動かす(=PR)いい訓練にもなります。

【まずはルールなど】

基本ルール

今回のバトルは基本1分厳守、本はどんなジャンルでもOK

プレゼン構成

リーダーからはプレゼンテーションの構成は「Introduction」「Body」「Coonclusion」の3部構成が望ましいとの話が。1分なので難しい面もあるね、ということで、今後同じようなことをする際、言いたいことを詰め込みすぎて聞き手にとっての聞きやすさや理解しやすさを損なわないためのチェックに使っても良さそうです。

Good & Better フィードバック

また、T3では定番ですが、全員が全員のプレゼンに対して、Good(良かった点)とBetter(こうするとより良くなる点)を書き、プレゼン終了後に手渡します。

プレゼンをしても日頃はたくさんの方からフィードバックをいただくことは少ないのでないでしょうか?このフィードバック、とっても貴重です。(今回はミッチーさんがビデオも撮ってくれていました!)


コメントビブリオ

【そして事前リハ】

壁に向かってぶつぶつ。。。みんな真剣にリハーサル。ビブリオリハ

【からの本番!】

今回紹介されたのは以下の14冊。特にジャンル分けなどはせず、たまたま座ったテーブルごとに順番を決めて発表していきました。

たくさんの人のプレゼンを一気に見られるのもT3の良さ。個性も豊かです。そして、見っぱなしではなく全員向けにGood&Betterのコメントを書くので、意識的に人のプレゼンを聞くことができ、良い勉強になります。

ビブリオプレゼン

紹介された本リスト

(だいたいプレゼンした順になっています)

【結果発表】 

全員のプレゼンが終わったら心惹かれた本を3冊書いて投票。

結果、同点1位が以下の2冊、

  • USJを劇的に変えた、たった1つの考え方(まわさん)
  • 旅のラゴス
(あんじー)

そして2位が以下の本でした。

  • ドキュメント 宇宙飛行士選抜試験(藤咲さん→昨年優勝者)

終えてみて、みんなの共通の感想としては、1分でビブリオバトルはとても短すぎて難しい!ということです。

ですが、本選びや1分に凝縮させていくプロセスはとても面白かったです。

8月は暑いので定例会はお休みの予定ですが、自主課題に取り組みます♪

【後記】

私(あんじー)はこのたび、同点1位をいただきました(旅のラゴス)!

実は、このビブリオバトル以前、数年前にT3に見学参加した時に、TED版のプレゼンバトルに飛び入り参加させていただき、そちらでも優勝させていただきました(いずれも運が大きく味方していると思いますが^^)。

なので、今後、こうしたバトルで勝つマーケ&PRのポイントについて、ちょっと書いてみたいと思います♪