Think! Think! Think!

【英語学習】動画25本の比較から「英語が聞き取りやすいTEDトーク」を探してみました


こんにちは、T3リーダーの井上です。今回は研究会の内容には全く関係がありませんが、英語リスニングの学習について、最近思いついたアイディアとその研究結果をご紹介します。

秀逸なプレゼンテーションを多く見られる”TED“。その魅力を紹介した書籍も出ていますし、NHKでも「スーパープレゼンテーション」として番組化されました。T3でも以前、メンバー間にて「好きなTEDトークを紹介しあおう」(結果をまとめたNAVERが、いつのまにか4000view超えてますね)という企画を行い、多くの面白いプレゼンを知ることができました。

51F-r2cX6+L._SX338_BO1,204,203,200_

英語学習の観点からは、魅力的なコンテンツを楽しみながらリスニングの学習ができるということで、TEDを活用している方も多いと思います。

ただ。ただし。これらは当然ガチのプレゼンであり、リスニング用に聞き取りやすく作られた教材ではありません。ネイティブスピードのものが多く、初学者の方にとってはハードルが高めです。

そこで、1000本以上と言われるTEDトークの中でも、聞き取りやすいスピードがないものかと意識しながら、いくつかのトークを観てみました。

その途中で気付きました。

「各トークにスクリプト(台本)があるから、それを使って単語数を数えて、それをプレゼン時間で割れば、秒あたりの単語数が算出できるのではないか?」

たとえば、20分のプレゼンで3000単語 話していたら、3000単語÷1200秒=2.5(単語/秒)と計算できます。そして、この計算をどんどんTEDトークに当てはめていけば、相対的に話すスピードのゆっくりなトークを見つけることができるはずです。


【話すスピードの算出手順】

具体的にはこのような手順を踏んで算出しています。

(1)TEDトークを開く。時間(分:秒)を確認してトータル秒数を算出する。
(2)スクリプトを開いて全部コピーしてWordに貼り付ける。そして文字カウントで単語数を算出する。
(3)単語数をトータル秒数で割り算する。

※スクリプトをコピペすると、以下のように「01:30」みたいな時間表示がいくつか入ってしまいます。よって、単語数は正確ではありません。ただ、数千の単語の中では小さな差であることと、いずれもトークも同じ条件のため、比較のうえでは大きな影響はないことから、そのままとしています(削除するのも面倒すぎるし…)。また「(笑)」「拍手」なんてのも含まれております。それらも面倒なので1つの単語としてカウントしています。

ted_script


【算出と比較の結果】

対象としたプレゼンは、勝手ながら私が好みで選びました。ただ、TEDサイトの”Most Viewed”(多く視聴された順)で上からピックアップしているので、皆さんがご存知のトークも多いはずです。

TEDmini(クリックで拡大)


【結果の考察】
上記のリストのうち、「2.4単語/秒」以下あたりになると、聞き取りやすい部類に入るのではないかと思います。個人的な印象としては話すのがゆっくりというよりは「間」をところどころで取っているという感じです。

こちらは21位の「アートを通じて世界をひっくり返す」(2.357単語/秒)。

まあ、それでもリスニング苦手な私には簡単とは言えませんが、「2.8単語/秒」以上のトークに比べればその差は歴然としています。1位のショーン・エイカー(3.5単語/秒)や2位のエリザベス・ギルバート(3.3単語/秒。下記動画参照)など、ほとんど間や息継ぎがなく、私などあれよあれよという間に置いていかれます。

最下位である「他に例を見ない最高の幼稚園」は1.6単語/秒と非常に小さい値となっています。これは日本人であるスピーカーがかなりゆっくり、間をとって話していますね。内容もすばらしいです。

このように、リスニング初心者の方は、「2.4単語/秒」以下のものを目安に選ぶと、聞き取りやすい動画が見つけられるのではないでしょうか(ただし、スピードはゆっくりでも単語がマニアックだとか、訛りが独特なため聞き取りにくいといった可能性はあることはご承知おきください。今回の分析では、あくまで単語数と時間しか対象にしていません)。

皆さんも、気になっている動画は上記のように計算してみて、自分のリスニングレベルにフィットしているかどうか、確かめてみてください。素晴らしい内容、かつ聞き取りやすい動画を見つけたら、ぜひ教えていただければ幸いです。


【おまけ】
それでも「聞き取れない!」という方にはこちらをご紹介。私が最近、気に入って繰り返し見ているシリーズです。測定はしていませんが、2.0単語/秒未満だと思います(TOEIC 500-600点の方でも大体は、700-800点の方ならほとんど聞き取れると思います)。また、英語の学習法・コツを丁寧に解説してくれているので、いずれ別の記事で紹介できればいいなと思います。

ネイティブの速いスピードに慣れるのも大切なのですが、まずは、スロースピードで、頭の中で日本語に置き換えたりせずに「英語を英語のまま理解する」ことに慣れる。それからスピードを上げていったほうがよいのかな、と最近は思っています。